飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

ボール初速とヘッドスピードの関係

ボールの飛距離は風、気温、気圧により変化しますが、

 

同じ条件の元で飛距離を決めるのは。

 

ボール初速

 

打ち出し角度

 

スピン量

 

の3つの要因になります。

 

ボール初速は当然ヘッドスピードに左右されますが、

 

ヘッドスピードが速い=飛距離が出る

 

にはなりません。

 

何故か?

 

ミート率が問題になります。

 

ミート率とは  ボール初速÷ヘッドスピードの値になります。

 

 

どのくらい効率的にボールに力を与えられたかを表す数値で,

 

理想として、プロは1.45以上。 アマチュアは1.4以上

 

求められます。

 

アマチュアの場合プロのようにスイングが固まってない人が

 

多いのでスイートスポットを外す事が多くなり,結果として飛距離が落ちてしまいます。

 

そこで、いかにスイートエリアの広いクラブを選ぶかがポイントになります。

 

 

自分のインパクトの癖を確認し(ヒール寄りにヒットするか、トウ寄りにヒットするか。)

 

スイートエリアの分布から何本か選び、実際に試打してミート率の減衰の少ないクラブが

 

合っているといえます。

 

 

ミート率を上げる為には?

 

 

無駄な体重移動をしない。

 

フルショットをしない。

 

ドライバーで短い距離の打ち分けをする。

 

この練習を繰り返すことで確りとしたスイングが身に付けて、

 

結果としてミート率を上げる効果が期待出来ます。

 

無駄なフルショットでヘッドスピードが1m/sや2m/sアップしても、ミート率が0.1も

 

下がれば飛距離は落ちると理解して下さい。

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!