飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

ドライバーのミスショットも体重移動が原因

ボールをまっすぐ飛ばすためには、インパクトの時のフェース面がターゲット方向を

 

向いている必要があります。

 

 

 

猛スピードで振り下ろされるクラブのフェース面を

 

スイング中にコントロールするのは

 

とても困難な作業です。

 

 

 

今までのスイング理論だとアドレスから
トップオブスイングまで若干右側に体重を乗せ、

 

ダウンスイングからインパクト、フィニッシュにかけて左に体重移動すると言われてました。

 

 

 

しっかりとした捻転から体重移動出来れば問題ありませんが、殆どのゴルファーがスエー

 

体重移動になってしまいがちです。

 

 

スエーは回転運動ではなくて横移動になります。

 

 

その結果、体が大きく左右に揺れることになりインパクトのフェース面がまちまちになってしまい、

 

ボールは大きく右か左に曲がってしまいます。

 

 

特にドライバーは全クラブの中で一番長く、その先で小さなボールを打つものです。

 

ゴルフで横移動をするということは、わざわざ自分で体を揺らし、

 

当てにくくしているのと同じことになります。

 

 

では、体重移動しない場合は何処を軸に捻転すれば良いのでしょうか?

 

 

正しいスイングでは左足体重でインパクトを迎えます。

 

ですから最初からほんの少し左体重にして左股関節を軸にスイングをすれば、

 

スエーの弊害も無くなりますし、フェース面も戻り安くなります。

 

最初は少し違和感が有るかもしれませんが、軸がブレない為芯を捉えやすくなり

 

まっすぐ飛ぶ確率が高くなります。

 

 

体重移動は必要ありません。

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!