飛距離を伸ばす為に必要な事

7日間シングルプログラムの詳しい内容。

 

 

「7日間シングルプログラム」を良いよ良いよと言ってますが、
何が良いのか内容がイマイチ分からないかと思います。

 

 

販売サイトに飛んでみても、スコアが良くなりました。
認識が変わりました等のレビューばかりで、
具体的な内容は分からなかったと思います。

 

※一度販売サイトに飛ぶと「あと何時間で値上げとか」出てますが、ただ単にクッキーが
働いているだけで、簡単に解除出来ますので安心して下さい。
インターネットオプションから全般タブのクッキーの削除、
或はIE(インターネット エクスプローラー)をお使いでしたら、グーグルクロームや
ファイアーフォックスに変えてアクセスすればまた16800円のページが見れます。

 

 

ですので、具体的な内容の解説をしてみようと思います。

 

こちらのプログラムですが、DVDが4枚とパソコンで読み込める
データディスクが1枚の合計5枚の構成になってます。

 

DVD4枚の中にパート1からパート7までの
7部構成のティーチングプログラムになってます。

 

内容は

 

パート1
アドレスについて

 

パート2
ティーの連続打ち

 

パート3
4時ー8時のスイングについて

 

パート4
ビジネスゾーンのスイングについて

 

パート5
肩から肩のスイングについて

 

パート6
フルスイングについて

 

パート7
さらなる進化について

 

 

このような構成になってます。

 

 

全体のイメージとしては初心者向けのカリキュラムに感じられますが、
中級者や上級者には必要の無いプログラムかと言いますと、
決してそのような事は無く、基本の土台固めに見直すべき箇所が
多く有ります。

 

販売サイトはこちら

 

具体的な項目は下記へ

パート1の解説

アドレスの基本を解説してます。

 

グリップの握り方から基本的な前傾姿勢の作り方。

 

重心の取り方から、ボールを置く基本的な位置を解説してます。

 

初心者の方にとって基本の重要な項目です。

 

中級、上級の方にとっては昔の事で、当然分かっていると
思われているでしょうが、長い年月でブレが出ている事が多く有ります。

 

いつも握っているグリップ、それは正しいと自信がもてますか?

 

今のスクエアとストロンググリップの違いを理解してますか?

 

 

少し前の理論は、今は通用しなくなってます。

 

 

何故か?

 

クラブの進化や技術革新が激しくなり、スイング理論が
変わってきているからです。

 

新しいクラブを購入しても、グリップの握り方やアドレスの
取り方が間違っていたらクラブの性能は発揮されません。

 

昔はクラブの性能を発揮させる為に身体能力を必要としてましたが
今はクラブの性能を損なわない身体の使い方が求められます。

 

パート1のカリキュラムにおいては、
今現在の正しいアドレスの習得が出来ます。

 

販売サイトはこちら

 

 

パート2の解説

このカリキュラムは「軸の意識」と力の入れ方、
リズムとテンポを習得します。

 

スイング中にやってはいけない動作は、スエーやヘッドアップ、
これらはアドレスの位置にクラブヘッドが戻らなくなる大きな
原因です。

 

前傾姿勢の維持を覚える事によってミスを最小限に抑える為の
リズムやテンポの取り方が体感できます。

 

これら、パート1とパート2は基本的な姿勢と
スイングの正しい軌道の覚え方。

 

ベテランの方には軌道が正しいかの確認方法を解説してます。

 

 

販売サイトはこちら

 

パート3の解説

4時ー8時のスイング

 

ほとんどの方は4時ー8時で意味が理解出来ると思いますが
解説しますと、アドレスした時にご自分の正面に、自分と
同じくらいの大きなアナログ時計が有るとイメージして下さい。

 

その時計の4時から8時までの間のスイングを指します。

 

ここのゾーンはボールをヒットする場所でして、スイングの挙動が即、ボールに伝わります。

 

ミスショットもナイスショットも全てこの区間で決まります。

 

ここの間のスイングをどのように考えて作っていくか解説してます。

 

小さな動作ですが、抑えなければならないチェックポイントを細かく解説してます。

 

初心者には基本的な動作の習得。

 

ベテランには、自分のスイングの問題点のあぶり出しになります。

 

普通に打てるようになると気にしないでスイングしている事柄の
一つ一つが疎かになり、予期しないミスショットに繋がる事が分かります。

 

販売サイトはこちら

パート4の解説

ビジネスゾーンの解説

 

ビジネスゾーンって知ってましたか?

 

管理人は知りませんでして、3時ー9時のスイングの事らしく
最初は就業時間かと思いましたが、違うらしく、プロゴルファーが稼ぐ
為に最も重要なスイングゾーンの事らしいです。

 

要はここのゾーンをちゃんとスイング出来れば、プロなら稼げるし、
アマチュアならシングルにもなれる分けです。

 

このカリキュラムの最も重要な要素です。

 

だからと言って、難しい事を解説しているわけでは無く、スイング中の
チェックポイントを平易な言葉で分かりやすく解説してます。

 

ここは、確実に習得したい事柄です。

 

販売サイトはこちら

 

 

 

パート5の解説

肩から肩のスイングの解説

 

フルスイングの前段階として、肩から肩のスイング解説をしてます。

 

フルスイングに近い為、各部位の動きが大きくなりやすくなります。

 

その時の
下半身の基本的な動きと注意点。
上半身の動き
クラブの動き

 

これらの、正しい動きとは何か?

 

絶対にやってはいけない動きとは?

 

正しい動きの許容範囲とは?

 

そして、どのような練習方法が有効なのか、を解説してます。

 

販売サイトはこちら

 

 

 

パート6の解説

フルスイングについて

 

このカリキュラムにおいてフルスイングをあまり重視してません。

 

練習の割合も、全体の練習の1割くらいをフルスイングに充てれば
十分と解説してます。

 

当然、フルスイングにおける注意点は細かく解説しておりますが
基本が出来ていないフルスイングは無茶振りで有り
飛距離も伸びないし、スコアも良くならないと解説してます。

 

ここは、管理人もすごく同感で、力を入れればボールは飛ぶか?
これは絶対に飛びませんし、方向もバラバラになります。

 

飛距離を伸ばす為に絶対に必要な事は、基本のスイングです。

 

軌道が正確に入り、スイートスポットでヒットし、フェイス面が正しければ
飛距離が伸び正確さが増します

 

販売サイトはこちら

 

 

パート7の解説

さらなる進化

 

ここでのカリキュラムは、小技の精度を上げる方法や、スイング軌道の
安定性の為の練習方法を解説してます。

 

内容は

 

片手打ちのトレーニング方法

 

アプローチのバリエーション3種類

 

軸の再確認トレーニング方法

 

わざとミスショットを打つトレーニング

※これは究極のトレーニングになります。
 普通はナイスショットを打つ為に練習を行いますが
 わざとミスを打つことにより、どのような原因、クラブの軌道
 身体の動きでミスが出るのかを確認します。
 その結果、ミスの出ない動きをする事がナイスショットに繋がります。
 但し、ナイスショットの理解や動きの出来ない人にとっては
 マイナスにしかならない練習方法です。
 安易に取り組まないで下さい。

 

初心者の方には最初は難し練習方法になりますし、最初は無理に取り組む
必要の無い練習カリキュラムです。

 

ベテランの方がより高いスイング精度と、飛距離とスコアのアップに
必要な練習方法を解説してます。

 

パート7の練習は、100を安定的に切るようになり
90台から80台、80台から70台を目指す時に必要な技術ですし、
逆を言えば、これらの技術の習得が無ければ70台或はシングルプレーヤーに
なるのは難しくなります。

 

 

販売サイトはこちら

 

総括

管理人がこのサイトでお勧めしている「7日間シングルプログラム」ですが、
ゴルフを初めて取り組む方や初心者の方にも分かりやすプログラムです。

 

このサイトの目的であるドライバーの飛距離アップを目的にした
プログラムでは無いと感じられる方も居られるかと思います。

 

確かにドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。
何を言ってもヘッドスピードが無ければ飛距離は伸びません。

 

単純にヘッドスピードを上げるだけなら、他のプログラムも確かに有ります。

 

ゴルフの多くの楽しみはドライバーの飛距離です。

 

でも、スコアを競うスポーツでもあります。

 

1発や2発のドライバーが大当たりしてもスコアが100も120も
打つようではゴルフも楽しみも半減してしまいます。

 

かつての私もドライバーはたまにいっぱい飛ぶけど大曲がりのプレーヤーで
100以上をいつも打ってました。

 

 

今ならば分かります。

 

ドライバーの飛距離に多くのパワーは要りません。

 

ただ単にパワーをヘッドに伝えられていないのです。

 

でも
もっと悪い事が分かりました。

 

伝わっていないパワーがヘッドスピードを遅らせるように作用してます。

 

まさか、と思うかもしれませんが、ゴルフのスイングは
けっこう不自然な姿勢で振りますので、姿勢を制御しながら
スイングするのは身体に多くの負担がかかってます。

 

この姿勢制御がスイングを遅らせてます。

 

ちゃんとした姿勢、正しいスイング、これらを体得するだけで
ヘッドを遅らせている必要ないパワーを減らすことが出来ます。

 

マイナスが無くなればパワーをヘッドスピードに素直に伝える事が出来ます。

 

 

普通の人が持っている筋力で十分飛距離を伸ばせます。

 

 

効率の悪い筋力を着けるだけの飛距離のアップ方法より
身体の負担を減らすだけでスムーズに飛距離アップに繋がる方法。

 

「7日間シングルプログラム」は最も効率の良いカリキュラムと考えます。

 

是非検討してみて下さい。