飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

アプローチミスの大半は体重移動

1日ゴルフをラウンドして、1度もアプローチをしない日はおそらく無いと思います。

 

グリーン回りの2〜30ヤードのアプローチにおいて、100を切る目的であれば

 

とりあえずグリーンに乗せればOkになります。

 

それなのに、グリーンに乗せるどころか、トップやザックリミスで2打も3打も余計に

 

打ってしまう事が多々有ります。

 

何故アプローチのミスをしてしまうか?

 

1,スタンスの間違い

 

2,欲の出し過ぎ

 

3,ストロークでの体重移動

 

この3つが大きな原因です。

 

スタンスの間違いとは?

 身体がぶれないように広めに取る方が居りますが
 コンパクトに打つのが目的ですから殆ど揃えるくらいに狭く取ります。
 すくい打ちの防止とインパクトのポジションを決めておく為にハンドファーストで構えます。
 インパクトの時の下半身の形を最初から作っておくので左足体重で構えます。

 

欲の出し過ぎは?

 これは、誰でも経験があると思いますが、カップに近づけたいが為にあれこれ考え過ぎて
 明確なボールイメージが無いままアプローチしてしまい、結果として強すぎたり弱すぎたりしてしまいます。

 

ストロークでの体重移動

 これが、アプローチミスの一番の要因になりますが、スタンスで左足体重で構えハンドファーストで
 インパクトの形を作っておきながら、体重移動をしてしまうと全てが帳消しになってしまいます。
 結果として打点のブレが大きくなってミスを誘発してしまいます。

 

アプローチは目標の場所にボールを運ぶ事が目的ですので、より正確な方向性と距離感が

 

求められます。

 

大きく打つわけではないので、身体の使わない部位はインパクトの構えを作っておき、そのまま

 

体重移動をしないで動かす部位を少なくしてコンパクトに打つことでミスの軽減が図れます。

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!