飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

昔は個性的なスイングのプロがいっぱい居ました。

最近のプロのトーナメントを観てて、何か感じませんか?

 

どのプロゴルファーもスイングが同じように
見えませんか?

 

昔はもっと個性的なスイングのプロが多かった・・

 

杉原 輝雄プロののドライバーショット
青木功プロのタップ式パット
など・・

 

そう思いませんか?

 

では
何故、同じようなスイングのプロが多くなったか?

 

 

その要因は大きく2つ有ります。

 

1つはスイング理論の確立。

 

もう1つはゴルフクラブの進化に有ります。

 

 

身体工学と運動線の研究から理想的なスイング理論は
確率しました。

 

ずいぶん前に話題になったレッドベターのスイング理論が
良い例です。

 

スイング中の動きと使い方が細かく定義されました。

 

スイング理論が出来上がれば、理想的なクラブは簡単に
作成出来ます。

 

毎年新作のクラブが発売され、色々な謳い文句で宣伝されて
ますが、中身はスイートエリアの変更や
重心深度と振り抜き安さの兼ね合いが変わったのが殆どです。

 

ようは、毎年あまり変わらないけど、売れないとメーカーが
潰れちゃうから発売して宣伝している感じです。

 

昔のクラブはプレーヤーがコントロールしてスイングしました。

 

今はクラブの性能を最大限発揮する為にスイングします。

 

個性的なスイングが強くなるとクラブ性能は損なわれます。

 

だから最近のプロゴルファーのスイングは画一的になって
個性を感じなくなるのです。

 

巷のゴルフ場の方が、よほど個性的なスイングのゴルファーが
いっぱい居ます。

 

ただ、気を付けて下さい。
アマチュアの場合それは個性ではなく癖です。

 

癖はクラブ性能以前の問題です。

 

上手くなろう、飛距離を伸ばそう、そう思う時、
自分のスイングを見つめ直すのは良い事です。

 

癖を減らせばクラブ性能を引き出せます。

 

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!