飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

スコアを纏めるのはアプローチ

飛距離が伸びてもスコアが悪ければ話になりません。

 

 

スコアを縮める為に重要なのはアプローチです。
トップやダフリが多くてはスコアは纏まりません。

 

何故、アプローチが難しいのでしょうか?

 

それは、1本のクラブの守備範囲が広い為です。

 

通常のアイアンやドライバーですと、各クラブの飛距離はほぼ

 

決まってます。

 

 

残りの距離に合わせてクラブを選択すれば良い訳です。

 

 

しかし、アプローチは概ね100ヤード以内を1本のクラブで
対応します。

 

 

プロでもコントロールショットは難しいものです。

 

 

ゴルフのスイングで一番易しいのがフルスイングです。

 

 

フルスイングならミスしないのに、コントロールショットになるとミスしてしまう。

 

よく聞く話です。

 

ヘッドスピードを調整すると言う慣れないスイングに加え、

 

ピンの位置や傾斜を考えてショットするわけです。

 

100を切ろうとする方にとって、ミスをするのはある意味仕方のないことです。

 

アプローチショットの打ち方には

 

ランニング
 ボールを殆ど上げないで転がしてピンに寄せるショットです。
 ボールとピンの間にハザードなどの障害物が無い場合に用いられます。

 

ピッチエンドラン
 アプローチする距離の半分くらいまでキャリーで上げて、残りを転がすショットです。
 エッジからピンまである程度距離がる場合に有効です。

 

ピッチショット
 ボールを上げて、ピン間近まで運びあまりランを出さないショットです。
 ボールをピンの間に障害物が有る場合や、エッジからピンまでが極端に近い場合用いられます。

 

どのショットも状況によって有効性の有る打ち方ですが、ショットの難易度はだいぶ違います。

 

ランニングが一番易しく、順にピッチエンドラン、ピッチショットと難しくなっていきます。

 

レベルが上がれば、色々なショットを多用しても良いと思いますが、100を切る事に特化した

 

場合はランニングアプローチのみにする事を勧めます。

 

実際、プロも競技などで、よほどの状況でなければピッチショットは打ちません。

 

リスクの高いショットになります。

 

ランニングアプローチにお勧めのクラブは9番アイアンです。

 

9番ですと、ウェッジほどのロフトが無いのでボールが上がり過ぎずランも出やすくなります。

 

ウェッジが苦手と思われてる方は是非お試し下さい。

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!