飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

ルーティンワークの重要性

ルーティンとは、「決まり切った手続きや仕事」と言う意味ですが、

 

ゴルフではショットに入るまでの一連の動作の事で、

 

「ルーティンワーク」とか「プリショットルーティン」と言います。

 

ルーティンが何故重要か?

 

動作の面と心の面で重要になります。

 

ショットの前に決まった動作をする事は、この一連のプロセスが終わったら

 

ショットに入るのだと身体や心の準備が出来ます。

 

ルーティンをしないアドレスの場合、

 

スタンスの向きは大丈夫か?

 

肩の力は抜いたか?

 

ゆっくり振ろう

 

などなどショットの前にあれこれ考えてしまい、時間がかかってしまいます。

 

そうする事で身体がだんだん硬直してしまいスムーズなスイングが出来なくなってしまいます。

 

さらに、コース進行上も同伴競技者や回りに迷惑がかかってしまいます。

 

プロの試合をテレビ等で見ても、アドレスからショットまでの一連の動作がいつも一定でスムーズな

 

事に気付くと思います。

 

これは、ほとんど全てのプロがルーティの重要性を認識し、取り入れて居るからです。

 

一連のプロセスは。

 

ボールの後ろに立ち、ターゲットポイントとその回りの状況を確認する。

 

ボールの少し先に有るターゲットライン上の目印を探す。

 

その目印とボールに対して平行にスタンスを取る。

 

足場を確認し何度かワッグルをする。

 

もう一度ターゲットを確認する。

 

身体をリラックスさせ筋肉が緊張する前に、スムーズにスイングを開始する。

 

 

この様な流れが一般的ですが、これでなくてはダメと言う訳では有りません。

 

自分で考えて工夫してルーティンに組み入れてみて下さい。

 

アマチュアで、この一連のルーティンを確りと取り入れて実践されてる方は

 

残念ながらあまり多くありません。

 

だから上達が遅い と言われる程重要です。

 

ほとんどのプロとトップアマは実践してます。

 

上手くなったらやるではなく、ルーティンをするから上達すると思って実行して下さい。

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!