飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

ラウンド前日の練習は有効か?

あまり練習をしてない人の前日猛練習は筋肉痛を起こすだけで何の効果もありませんが、

 

通常の練習されてる方の前日練習はスイングの確認として効果があります。

 

ただ、あまり多くのクラブを練習するのはお勧めしません。

 

疲労が残ってしまったり、前日が調子良すぎると当日のミスショットに戸惑ってしまいます。

 

明日の為と言うより、普段のリズムの確認の感覚で練習して下さい。

 

その代り

 

ラウンド直前の練習はその日の調子を決める上でとても重要です。

 

練習場が併設してるコースなら良いのですが、無い場合はいつもより入念なストレッチをしてください。

 

各関節の可動域を広げることにより、筋肉をほぐして朝の1打目のミスが軽減されます。

 

どうしても練習したい場合は、早朝オープンしてる練習場で練習してからコースに向かう事になります。

 

注意して頂きたいのは、時間が無いからと慌てて色々なクラブを振り回すことは、リズムやテンポを

 

崩す原因にもなり弊害だけが多くなります。

 

時間が無い時の練習は多くのクラブを打たないで1本のクラブを一定のテンポで打つようにして下さい。

 

 

パッティンググリーンでの練習もスコアアップを図る為に重要です。

 

歩測をしながらパットの距離感の練習をして下さい。

 

なるべく平らなグリーンを見付けて、自分なりの5歩や10歩の距離を自分のストロークで、

 

どのくらいの振り幅なのか確認して、また芝目の違う反対からも距離の感覚を掴んでください。

 

ロングパットの練習も悪くありませんが、100切りを目指す人にとって、1回のロングパットを

 

入れる事よりも、3パットの回数を減らすことがスコアアップに繋がると思って下さい。

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!