飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

練習場とコースでの違い

練習場シングルなんて揶揄されてる方が居ります。

 

練習場では素晴らしショットをしてるのに、コースに行くとダフリトップしか

 

出ない方。

 

一番の原因は練習場のマットとスタンスにあります。

 

練習場のマットは色々な方がダフったりぶつけたりしても

 

大丈夫なように丈夫に出来てます。

 

マットの人工芝もクラブを滑りやすく作ってます。

 

多少ダフりながらスイングするとソールが滑りながら潜り、

 

フェース面も矯正されてちょうどスイートエリアでヒットしやすくなります。

 

これを、自分のナイスショットと勘違いしてコースに行くと、ダフリしか出なくなり、

 

最終的にはダフリが怖くてトップ球も出る、手の付けられない状況になってしまいます。

 

矯正方法としては、低めのティーアップをしてボールを打つ練習をします。

 

この時に注意するポイントは、ボールをクリーンに打つことと、番手ごとに打ち出した

 

ボールの高さが揃うように練習して下さい。

 

スイング中に入射角がバラツクとボールの高さが揃いません。

 

もう一つ

 

練習場でのスタンスの取り方、練習場ではマットやラインなどで目標のスタンスが取り安く

 

なります。

 

最近は自動ティーアップの所も多いので、スタンスの仕切り直しをしなくてもボールを打ち続け

 

られます。

 

これがコースでのミスの原因になります。

 

何発も連続でショットしてると、自然とボールの矯正が出来てしまいます。

 

しかし、コースでは様々なアンジュレーションに1回のショットで対応しなくてはなりません。

 

この差が、ミスに繋がります。

 

矯正方法としては、面倒でも2〜3発に1回は仕切り直しをして、スタンスを取り治すように

 

してください。

 

その際に、自分なりのルーティンを取り入れてショットをするとより効果的です。

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!