飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

ライ角を意識してますか?

 

ライ角とはクラブを地面にソールした時に、シャフトと地面の間の角度のことです。

 

 

 

アドレスした時にライ角が適正でしたら、ボールは

 

ターゲットポイント(目標)に飛ばし安くなります。

 

 

けっこう上級者でも

 

このライ角を意識してない人が居ます。

 

それは、ライ角により球筋にが影響受けるのは、アイアンが殆どでドライバーの場合は

 

ギア効果やスイング中のトウダウンなどライ角以上に球筋に影響する要素が多い為。

 

それと、アイアンの場合セカンドやサードショットでの私用が殆どで、平らな地面で打つことが少ない為、

 

ボールの挙動がライ角以外の要素からも影響を受けてしまいます。

 

 

そのような事から、あまりライ角を重要視しない傾向がありました。

 

 

しかし

 

適正なライ角で打つ事は、ミスショットの原因の一つを減らす事になります。

 

 

適正なライ角とは?

 

 

ライ角はゴルファーの身長や体系、腕の長さ、スイング軌道によっても適正な角度は変わります。

 

アップライトなスイング軌道であればライ角は大きくなります。

 

フラットなスイング軌道であればライ角を小さく調整する必要が有ります。

 

 

ただ、困った事に初中級者の方はスイングが固まって無い為、毎回アドレスも微妙に変わるので

 

適正なライ角度が見つけにくくなります。

 

こうゆう時は、自分の球スジの癖を確認して、右に出やすいのであれば、ライ角が大きすぎますし

 

反対に左に出やすい場合はライ角が少なすぎるものと思われます。

 

 

よく、自分の持ち球はフック系とかスライス系と言ってるゴルファーを見かけますが、

 

それは持ち球ではなくて、ライ角の不適合による癖球の可能性もあります。

 

 

ライ角を意識してアドレスの修正やクラブを選んでみて下さい。

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!