飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

グリップ

一般の方がゴルフクラブの中で一番気にしない場所がグリップだと思います。

 

グリップの交換は面倒くさいし、まだ大丈夫と思ってませんか?

 

大きな間違いです!

 

グリップは人とクラブを繋ぐ接点です。

 

どんなスイングもパワーも接点に不具合があれば、ちゃんと伝わりません。

 

プロやトップアマの方々はグリップの変化に特に敏感で、

 

少しの違和感でもすぐグリップ交換しております。

 

 

最近のグリップはゴム(合成、天然)や樹脂系素材で出来てて、柔らかでしっとりとした感触の

 

ものが多くなってます。

 

その反面スイングのちょっとした癖でも片減りしてしますし、劣化もしやすくて硬くなってしまいます。

 

長年グリップを交換してなくて、最近飛距離が落ちて来たと感じてたら、

 

何かを変えるより先にグリップの交換をしてみると、直ってしまう場合が多々あります。

 

 

グリップ交換

 

是非グリップ交換はご自分でやってみて下さい。

 

これには大きく3つの効果が有ります。

 

 

1つ目はグリップの挿し方によるフェース面の調整。

 

ショップなどでグリップ交換を頼みますと、だいたいスクエアに挿してくれます。

 

ただ、少しフックに挿してほしいとかスライス気味に挿してほしい

 

とかの微妙な感覚がなかなか伝わりません。

 

 

2つ目は太さの調整が出来ます。

 

グリップを装着するときの両面テープの巻き方で太さの調整が出来ます。

 

慣れてくると巻き方の変化で中央部分とかグリップエンドを太めにするなどの調整も可能になります。

 

 

3つ目は費用面。

 

今はショップなどで工賃込みで交換してくれる所も多くなりましたが、その場合のグリップ自体の単価は

 

あまり安くなって無い場合があります。

 

アイアンなどは同じメーカーで揃えるのが基本ですから当然グリップも同じものになります。

 

セット売りなどでグリップを買うと1本辺りに単価がとても安くなります。

 

最初はグリップ交換が面倒で大変だと思われるかもしれません。

 

しかし、いざやってみると案外簡単ですし、

 

何より自分好みのクラブに仕上がるので愛着が湧くこと請けあいです。

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!