飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

効果が出るまでの期間

レッスンを受けようとされる方は、なるべく早い効果を期待されてます。

 

しかし、スイングは自分では気づかない様々な癖があります。

 

 

 

どのくらいのキャリアがあり、どのレベルを目標にしてるかにもよりますが

 

概ね3ヶ月単位でレベルアップされます。

 

これは、週1のレッスンを受けて、教わったドリルを自分で練習して

 

次のレッスンを受けるという繰り返しをした場合です。

 

 

レッスン期間中にやってはいけない事。

 

教わった当初はなかなか思うように当たりません、そこで自分なりのアレンジをしてスイングを

 

してしまうとレッスンの意味は無くなってしまいます。

 

愚直に同じ事を繰り返し当たらなくてもそのままやって次のレッスンで聞く。

 

 

この繰り返しが上達の近道になります。

良いレッスンプロとは?

通常、練習場などでゴルフを教えてるプロをレッスンプロと言ってますが、

 

正式名称ではないのをご存じですか?

 

レッスンプロとはゴルフを教える資格を持ったプロの俗称です。

 

教える資格を認定する団体は色々有りますが、最大の組織は

 

社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)で、ここはテレビなどで活躍するトーナメントプロの

 

資格も認定する団体です。

 

ここが認定する資格は、トーナメントに出場する資格(TC)教える資格(TCP)になります。

 

ずいぶん昔の話ですが、トーナメントプロ試験に合格すると、

 

ティーチングプロA級が付いて来た時期がありました。

 

普通自動車免許の原付免許みたいですね。

 

さすがに、これではティーチングプロの地位が低すぎるのとレッスンの質の向上が図れませんでした。

 

その頃は自分の感覚や経験だけでレッスンをして体系だった理論を教えられないプロもいたようです。

 

一昔前のパーシモンのドライバーが全盛の頃と違い、今は道具の進化が目覚ましいものがあります。

 

ティーチングプロもちゃんとした理論に基づいたレッスンが求められてきました。

 

このような理由から、現在はPGAティーチングプロ資格取得希望者は、書類審査の後に、実技審査を

 

受け、そこでPGAの一定基準に達した受験者が実技合格者として、面接審査、筆記試験、講習会、

 

入会セミナーを経て、PGAティーチングプロB級として認定されるようになり

 

トーナメントプロ資格とは完全に分離されました。

 

 

それでは、ティーチングプロに認定されたプロなら、誰に習っても一緒でしょうか?

 

 

生徒さん一人一人の個性をのばして個々の目的に合ったレッスンをされるのが理想です。

 

全てのプロがそのように教えてると思います。

 

 

しかし、その時その時の悩みやニーズに対して指導するプロセスにはプロの個性や

 

考え方が反映されます。

 

 

指導の善し悪しではなく、教え方が単純に合わないと言う場合も多くあります。

 

 

スクール内に何人かティーチングプロが在籍している場合は体験レッスンなどで

 

色々なプロに教えてもらうのが良いと思います。

 

 

あなたにぴったりのプロが見つかれば上達の速度は格段に加速します。

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!