飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

シャフトのしなり

スイング中のシャフトの「しなり」を意識した事があるでしょうか?

 

 

飛ばなくなった理由の1番の原因が「しなり」の使い方が間違ってる

 

場合が有ります。

 

いつもの飛距離が出なくなった時に、なんとかヘッドスピードを

 

上げようと、無理なスイングをしたことにより、今まで使われてた

 

シャフトの「しなり」が失われかえって飛距離が落ちてしまう事が

 

多く有ります。

 

 

「しなり」はテークバック時の「逆しなり」からフォワードスイング時の「順しなり」と

 

スイング中変化してます。

 

 

この「しなり」の一番大きな場所をキックポイントと言い、サッカーでボールを蹴るときの

 

膝の役割をします。

 

ですから、「しなり」を使わないスイングは膝を曲げないでボールをキックするのと同じ事になります。

 

飛ばないのは明白ですね。

 

 

どうすれば、シャフトのしなりを利用出来るか?

 

それは、

 

ドライバーからアイアン、アプローチに至るまで全てスイングリズムを一定にする。

 

  速い遅いではなく、自分に合ったリズムで一定のスイングすると言うことです。

 

 

左に1軸を維持しながらスイングする。

 

  体重移動の少ないスイングが正確性と飛距離をもたらします

 

  しかし、アマチュアの場合なかなか軸を維持することが出来ません。

 

  左の軸を意識することによって、結果的に自然とセンター1軸の

 

  スイングとなります。

 

 

これらを意識してシャフトのしなりを利用してスイングすれば、

 

無駄な力を必要としないで今まで以上の飛距離を実現する事が出来ます。

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!