飛距離を伸ばす為に必要な事

スイングが良くなると飛距離もアップします。

ドライバーの飛距離はヘッドスピードで決まります。


どんなに力んでも飛距離は伸びません。


でも

スイングを矯正するだけで飛距離は劇的に伸びます。


正確なスイングと飛距離を同時に習得する方法。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全てを公開してます。


プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!

アップライト、フラット

スイングにおいてアップライトとかフラットとよく話題になりますが、

 

もともとはベンホーガン著作の「モダンゴルフ」の中でスイングプレーンを提唱した事に由来します。

 

 

この理論は今も様々なレッスンの場面で使われており、最も多くの

 

ゴルファーに読まれたゴルフの入門書と言われてます。

 

スイングプレーンとはスイング中にクラブヘッドが描く仮想の平面を言い、

 

ボールから肩を結んだ線上を通ります。

 

ただ、これはバックスイング時のプレーンになります。

 

フォワードスイング時は腰からの先行動作になるため、このプレーンの

 

内側(下側)にもう1つのプレーンが出来ます。

 

ここで注意して頂きたいのが、フォワードスイングが内側から入るからと

 

言ってもインパクト時の差は微々たるものになります。

 

あまり内側から入れるとダフリ、トップ、プッシュアウト、引っ掛けと

 

様々なミスが誘発されてしまいます。

 

 

アップライトとフラットどちらのスイングが良いか?

 

これは、その人の身長や体型、スタンスが合っていればどちらも正解と

 

言えます。

 

ただ、どちらのスイングであっても注意して頂きたい箇所が有ります。

 

 

アドレス時のグリップ位置を気をつけて下さい。

 

 

フラットなスイングをされる方はハンドダウンにアドレスしやすくなり、引っ掛けのミスが出やすく

 

なります。

 

反対にアップライトなスイングはハンドアップにアドレスしやすくなり、プッシュアウトが出やすく

 

なります。

 

 

ドライバーの飛距離がアップすればスコアも良くなります。

アマチュアのスコアはドライバーで8割決まります。


ドライバーの飛距離を点でとらえてませんか?


飛距離と正確性の極意はゾーンでボールを掴まえることです。


今までの理論を疑ってください。


ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージです。


飛距離とスコアを同時に手に入れる驚愕のゴルフレッスン。


7日間シングルプログラムが全て公開してます。



プログラムの詳し解説もこちらでしちゃってます!